安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2018年3月18日

おすすめの安全靴は職種等により異なります

安全靴には多くの種類・タイプが存在する為、求めているものによっておすすめできるものは変わります。

職場の環境や自身の好みを考慮した上で購入する事をおすすめします。まず、安全靴の見た目では革靴とスニーカータイプに分かれます。革靴は見た目の派手さがないのが特徴でオールマイティーに履く事ができます。スニーカータイプは見た目は普通のスニーカーと変わらないので、作業現場においてはおしゃれな印象を与えます。また、プライベートで使用しても違和感がありません。おすすめできる安全靴は機能や価格面でもわかれます。

最低限の機能さえ備えていれば良い方は、防水加工等が施されていない安価なスニーカータイプがおすすめです。スニーカーのつま先が堅いだけの様なものなので、耐久性に難ありですが価格が手頃なので買い替えも容易です。値段の高い物になると、耐久性があがり防水加工や耐滑性能を持ち合わせたものもあります。革靴タイプでは、高い耐久性があり長く使用する事ができます。価格は数千円から数万円と幅広く値段に応じ品質が高くなります。また、JIS規格にのっとった製品は安全面が高いので安心です。

工場現場等の油の多い職種の方には、耐油・耐滑性能のある安全靴が良いです。一般的なものでは油によって滑りやすくなり油の付着による劣化のスピードも顕著です。これらに耐性のついた靴は、油を扱う現場では大きな効果を発揮します。職種や環境に応じ自身に最適な安全靴を検討しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *