安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2018年3月15日

安全靴はサイズをしっかり確認することがおすすめ

靴が自分に合っているかどうかをよく確認しないまま履いている方は意外にも多いものです。

安全靴はサイズに関してしっかりと確認しておかないと作業中の安全を脅かしてしまいますし、必要以上に足が疲れてしまう原因にもなってしまいます。サイズや履き心地を確認してから現場で着用するようにしましょう。まず、全体のサイズですが、足にぴったりというよりは、履いた際に人差し指が踵の部分に入るかどうかを確認しましょう。靴に余裕がないと靴ずれを起こしてしまったり、足に負担がかかってしまいます。

一般の靴を購入する際も共通していますが、少しゆとりのあるサイズの安全靴を選ぶようにしましょう。安全靴はつま先に硬い芯が入っています。これが万が一何か重い物が足に落下した際などに足を守ってくれます。しかし、そのために一般の靴よりも重いので、自分のサイズに合った靴を選ばないと疲れる原因になります。最近はファッション性の高い商品も多く販売されていますが、まずは滑り止めの状態や、自分の足にあった製品など、基本的な要素を押さえた靴をおすすめします。

スニーカータイプなど履きやすい靴も販売されていますので、自分に合っていればおすすめです。また、インターネットなどでも手軽に購入することが可能ではありますが、実店舗で実際に履いてから購入することをおすすめします。靴のサイズはメーカーによって差がありますので、同じサイズでも小さい、大きいが発生します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *