安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2018年3月12日

安全靴は常に進化しています

理想の安全靴とは、どんなものでしょうか。

それは素足に近い感覚で履けて、安全性に優れているという両面性に優れた商品です。安全靴とは主に工事現場や重い機械や部品を扱う工場では不可欠な従業員の足を守る大切な役割を果たしています。安全を確保するためにJIS規格に合致した商品が望まれます。一般にはつま先を守る金属でガードされているために重いのが難点になります。作業をする上では、履いていないような軽いものが好まれます。

先芯入りの作業靴をすべてひっくるめて安全靴と呼んでいますが、実際は安全靴と呼べるのはS規格に適合したものです。JIS認定工場で作成されているものだけが安全を確保できていると考えてもいいです。しかしながらスニーカータイプのもののほうが種類が多いのが実情です。現場の意見を反映して最近は改良が続けられています。先芯入りでがっちり足先でガードされることが作業現場では最も大切です。

重い部品などが落ちてきて事故になることも多いです。そんな事故を起こさないような工夫が安全靴に施されることが大切です。軽く履きやすく女性にもフィットした感覚で履けるそれが理想の姿です。常に技術や素材は新しい優れたものがでてきます。素材を変えることでかなり軽い商品も販売されています。そんな進化をとらえながら現場では、履きやすいものを選んでいくべきです。職場をより安全にするのが目的で使用されていることは忘れてはいけません。理想に近いものが出現するのはそう遠い将来ではありません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *