安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2018年3月9日

安全に作業ができる安全靴

スニーカーは、立ち仕事の作業でも動きやすさがありますが、表面は布であることから何か足の上に物を落とした時には足を大けがしてしまう可能性があります。

重いものを取り扱う仕事であったり危険な場所で作業を行うという場合には、安全性のためにもスニーカーでは物足りないことになりますが、安全靴を用意しておけば安心して仕事に取り組むことができます。安全靴にはさまざまなデザインがあり、スニーカーのように紐で結ぶものからマジックテープでとめるデザインもあるのですが、安全のために鋼の板が入っているというのが安全靴の大きな特徴です。表面からは見えないのですが、つま先部分を触ってみると足の指を触れることができないほどかたくなっています。

重いものを足の上に落としても、足の指を骨折することもなく安心して作業を行うことができる靴となります。しかし、つま先部分だけのカバーであれば危険な場所を歩くとなると不十分となってしまいます。解体現場や工事現場などで働く場合には、釘が落ちていたり鋭利なものが出ている部分も歩くことになるので、靴底を貫通して足の裏に刺さってしまうこともあります。安全靴には、つま先を保護するだけというタイプが一般的ですが、靴底にも鋼の板が入った種類もあります。その分だけ安全靴は重くなってしまうので、必要がないのであれば作業を行いやすくするためにもつま先部分だけのカバーができるタイプを選ぶといいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *