安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2018年3月3日

安全靴の特長と求められる場所

安全靴は工場などにあって作業を行う場合に作業者の足の指先を保護することを目的とした専用のものです。

特に落下物などによる指先の保護が欠かせない作業場にあっては、必ずこの靴の着用を指示されたりします。場合によっては作業が出来る場合もありますが、重い荷物を扱う場合やその他フォークリフトなどが行き交うような場所にあっては、この安全靴の着用は欠かせないと言えます。長期的にその作業場で働くような場合には自前で購入をしなければならないケースも出て来ますが、それ以外では工場側で用意を行う場合もあるなど色々です。

そのため労働を行う場所においてその都度確認を行っていけば良く、貸与される場所ではあえて自分専用の安全靴を用意する必要はありません。ただし頻繁にこうした工場などで働く場合には、自前で用意をしておいた方が無難な場合があります。作業場ごとで用意しているかどうかが異なるため、頻繁に工場などの勤務先が変わるような場合には、自前で用意をしておくことも必要な場合も出て来ます。一般的には屋内での作業を想定しているために防水加工などを気にしなくて良いものですが、屋内だけに限らず屋外でも多少作業を行う場合には、防水加工が施されているものを選択することも必要です。

また最近では女性が軽作業に従事することも増えていて、女性用のおしゃれなものも発売されています。したがって色々な選択肢があるため自前で用意することも考えて良いです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *