安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2018年2月12日

製造業等で使用が推奨される安全靴について

安全靴とは、製造業や建設業等の特定の職場での着用が推奨される、足の危険を防ぐ目的のシューズとなります。

製造業等の特定業種の会社に於いては、入社時に使用する靴が支給・貸与されることも多いのですが、使用に耐えられる年数が1年程度となりますから、定期的なサイクルで買い替え需要が発生することにもなります。会社によっては規格やメーカー名を指定して購入することが指示されることもありますが、自由に購入して購入代を会社が費用負担するような場合においては、機能性や概観を重視した安全靴が選ばれることも多くなるようです。

一般的な安全靴の仕様は、つま先を先しんによって防護し、滑り止めを備えるという機能があります。外見的な華やかさというよりは、作業現場での万一の事故を防ぐという目的があるので、機能性・防護性が第一に求められています。従事する現場の作業内容によって先しんの対衝撃性能が細分化されているケースが多いです。安全靴のオーソドックスな外観は、やはり黒系統が一般的だといえますが、自由に靴を選べるというオプションがある場合は、ファッション性のある外観を取り入れた靴も喜ばれているようです。

スニーカータイプの靴や、白や赤等の色を基調にした靴等、様々なタイプが用意されているといえます。職場に於いては足元の統一感を重視していることもあるのですが、使用する安全靴という足元から個性を演出することも可能になってくるのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *