安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2018年1月18日

おすすめの安全靴の選び方

仕事上、安全靴が必要になるという職業は意外と多いです。

登録制のアルバイトなどをしている人は、常時ではないものの、ときどき建設現場などへ派遣されるということもあるようです。基本的に、安全靴が必要な仕事では会社が1足は準備してくれているものです。

しかし、毎日はいているとすぐにダメになってしまうでしょう。ケースバイケースですが、建設現場などで働いていると1ヶ月くらいでダメになってしまうこともあります。最初の1足は会社が用意してくれても、2足目からは有料だったり、レンタル代がかかったりすることがあります。

そこで、建設現場や工場、倉庫などで働いている人はインターネットなどを利用して予備を購入しておくことがおすすめです。中に金属が入っているので値段が高いというイメージを持っている人もいますが、意外にも2000円前後あればしっかりとした安全靴が手に入ります。

おすすめなのは防水タイプのものです。外で働いている人は、雨の日でも働くということがあるでしょう。カッパを着ていれば服は濡れませんが、靴はずぶぬれになってしまいます。防水タイプのものなら、雨の日でも安心です。どうせならおしゃれでかっこいいものを選びたいと思うでしょう。

しかし、新人の頃からおしゃれで目立つ靴を履いていると、先輩からの反感を買ってしまうことがあります。なるべく無難なデザインのものを選ぶことがおすすめです。ある程度経験を積んで人間関係も築かれてきたら、だんだんと自由が許されるようになってくるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *