安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2018年1月9日

タウンユースにも活用できる安全靴

安全靴は、主に工事現場や重機械を扱う工場内など足への危険を伴う作業場で使用される靴で、足の保護を目的とし、先芯や中底が鋼板などでできていることが特徴です。

普通の靴に比べ重くなってしまうため、硬質合成樹脂製の先芯を使ったものや靴底が耐油性のある素材や硬質のポリウレタンやゴムを使い軽量化したものや、静電気を靴から逃がすことを目的とした静電気帯電防止靴もあります。

一般的にJIS規格に合致したものやJSAA認定のものが安全靴として市販されています。安全靴のデザインはスニーカータイプからハイカット、ローカット、ブーツ、スリッポンタイプ、着脱の便利なベルト仕様など幅広く展開されています。

シューズメーカーだけでなく、有名スポーツブランドからもさまざまなタイプやデザインのものが続々と発売され人気となっています。デザインだけでなく、さまざまな素材を使用して防水透湿性や耐滑性、耐久性に優れたものなど品質や機能性の高い設計の安全靴が登場しています。

また安全靴は重く履きづらいものでしたが、軽量でクッション性やフィット感があり体への負担を減らし、長時間の着用でも疲れず履きやすい工夫がされたものもあります。

最近では男性用だけでなく女性用も登場し、デザインやカラーも豊富で、作業用としてはもちろんタウンユースとしてかっこよくおしゃれに活用できると話題となっています。カジュアルなファッションにも合い、デートにも履いていける靴として評判です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *