安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2018年1月6日

作業環境で選ぶ安全靴の重要性

安全靴は現場作業において重要な保護具のひとつです。

足元の安全は作業に集中することができ、作業全体の安心感も増します。保護具で重要なことは安全性の高さと動きやすさです。どんなに丈夫であっても、重たかったりきつかったりすれば圧迫感から作業に集中できなくなります。

逆に動きやすくても安全性が下がれば、けがをするリスクも高まって足元ばかりに気をとられて満足な作業ができなくなります。安全靴は作業するうえで身を守る非常に大切な保護具です。作業上負荷のないものを選び、足のサイズに合わせた適切な製品を選ぶことが大切になります。

作業は地上だけではなく高所に及ぶ場合も想定されます。高所作業における安全靴の着用は細心の注意を払い、作業に適した長靴を安全に行動できる状態で着用することが必要です。ひもや脱着ベルトの締め忘れなどに気を付け、作業前の入念な点検が大切です。

災害現場などで使用する安全靴は様々な事態が懸念されるため、靴底の貫通防止がしっかりとした機能の物を選び、火災により地面が高温になっている場合は、熱に対する耐久性の高い物を選ぶことも重要です。様々なケースを想定した作業用の靴を用意しておくことは緊急の場合にも対処することができます。

可燃性の高い物質を扱う作業所などで着用する安全靴は、耐油性の他に静電気対策が施されたものを選ぶことが必要になります。特に冬季などの感想時期での使用は静電気も発生しやすく、静電効果の高い物を選ぶことで安全な作業を行え、身を守ることにもつながります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *