安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2017年12月15日

濡れた場所でも安心の防水タイプの安全靴

安全靴は過酷な仕事場でも足の安全を守ってくれるので安心して仕事をすることができるアイテムです。

基本的にはつま先の部分に強化プラスチックなどで強化してあるので、例えば仕事中に重いものを足の上に落してしまってもケガを防止することができます。ブーツ型のものやスニーカータイプなど安全靴にはいろいろなタイプのものがあるので、仕事場や履きやすさなど用途に合わせて選ぶことが可能です。

安全靴というの頑丈だけど重たくて足が疲れやすいというイメージがあるかもしれませんが、軽量のものもあり1日中履いていても足が疲れないような設計になっているものや蒸れを防止してくれるタイプのもの、衝撃吸収に優れているものもあるので外からの衝撃だけでなく、脚自体をしっかりと守ってくれる機能などもあります。仕事場によっては床が滑りやすいところもあると思います。安全靴の靴底は滑り防止の機能もあるので、水で濡れている場所や油やオイルが床にこぼれてしまっていても滑らないで安全に作業などをすることができて便利です。

しっかりとしたつくりになっているので防水性能もよいタイプも多いのも特徴です。きちんと防水してあるので水をよく使う職場での利用にも便利ですし、仕事だけではなく長靴の代わりに使うこともできます。バイクに乗る人ならば防水機能や足先が頑丈でしっかりと足を守ってくれる安全靴はライダーブーツの代わりに利用してみてもいいのではないでしょうか。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *