安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2017年11月6日

安全靴の着用と作業場

よく工場などにおいて安全靴の着用を指示される場合があります。

正社員であろうとアルバイトであろうと、その工場内で作業を行う場合に義務付けられているわけです。仮に着用無しで作業を行うと、その工場の責任者などから注意される場合があります。この安全靴ですが、主に足の指先を保護するために靴の先端部分に鉄板等を入れて、万が一その指先に物が落ちてきても指先がつぶれたりあるいはケガをしないように設計されているものです。そのため、特に重いものなどを動かしたりする事業所では、労働者の安全を確保する上で欠かせないものと言えます。

こうした靴自体は、市販されています。工場などが多く立地する地域において、その近隣によく作業着や安全靴などを主に取り扱う店舗が多くあります。需要があるために供給を行う店舗が相応にあるわけです。仮にアルバイトなどで働く際に必要であると指示された場合には、購入などを考えないといけません。工場などで貸し出しを行うところもあるので、相談をするのも有効です。事業所からの着用の指示は義務です。

その指示に従って、適切に安全靴などを使用していくことが労働者に求められます。万が一の事故の際には、指示通りにしっかりと着用をしていることで、危険から逃れることに繋がりますから、確実に正しく着用を行ったりあるいは履くように心掛けなければなりません。なお、購入にかかる費用それ自体は、数千円程度のものからそれ以上のものまでいろいろです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *