安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2017年10月15日

スニーカータイプの安全靴はかっこいい

安全靴とはつま先を先芯によって保護し、滑り止めを備えている靴のことをいいます。

体を動かす作業をする時にケガをしないようにするために履きます。日本の安全靴はJIS(日本工業規格)やJSAA(日本保安用品協会)のどちらかの規格・協会によって保障されています。JISは日本の工業標準化に基づいて制定されている国家規格で、重作業、普通作業、軽作業に作業区分が分かれています。

JSAAは(公社)日本保安用品協会が定めた基準を満たしてることを保証するもので、普通作業用と軽作業用に作業区別が分かれています。JSAAは安全性や耐久性の認定基準を満たしているスニーカータイプなので、普段履くのに抵抗を感じない、かっこいいデザインが多くあります。

特に大手スポーツメーカーが製造している安全靴はかっこいいデザインが揃っていて人気があります。一般の人が購入するタイプはだいたいがJSAAになります。JSAAが一般のスニーカーと違うところは、つま先に金属や硬質樹脂先芯を装備することで、足に何かが当たってもケガを防止します。

付加的性能として、釘などの鋭利なものを踏んでも大丈夫な耐踏抜き性、足の負担を軽減させるための衝撃吸収性、すべりやすい床でも転ばないようにする耐滑性、静電気に強い帯電防止性能に優れているものもあります。かっこいいデザインと安全性と耐久性が備わっていることで、一般のスニーカーにはない付加価値があります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *