安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2017年10月9日

日常生活での安全靴利用のおすすめ

安全靴と言うと、ものづくりの工場なので現場で働く人のものというイメージですが、利用方法はそれだけにとどまりません。

安全靴のいいところですが、文字通り、足にとっての安全を守ってくれるというところが最大のポイントになります。中でも、足の上から重量物が落下してきたような場合、靴の中にはめ込まれた鉄板やプラスティックなどの部品が、靴が押し潰されないように守ってくれますので、けがをしないで済むということになります。

横からの衝撃なども、特に足先の先端部分は丈夫にできているので耐えられる構造になっています。ということですが、こうした良さを日常生活に使わない手はないので、いろいろの場面で使うことがおすすめです。

たとえば、ボランティアなどで、街の道路や公園などを清掃するときも、それほどの危険物がないにしても、道具などが足先に落下する場合もあるので、履く方が賢明であり、おすすめになります。チェーンソーなどの動力のついている機械を操作する場合なども絶対と言っていいくらい吐いている方が良いと言えます。

また、ご自分のご家庭で、庭仕事をしたり、家庭菜園などで作業する場合も便利で安全という意味で、一つくらいは持っているのがいいと言えます。思いがけない災害から足を守ってくれるからです。特に、年配者は若いころと違って瞬時に身を守ることがどうしても不得手になるので、道具でカバーする必要があるからです。

そしてもう一つ、歳を取ると、残念なことですが、足首などの筋肉も衰えてきます。靭帯損傷などという事例も多くなっています。これらを考えると、くるぶしの上まで皮で覆えるような安全靴を用意することがおすすめになります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *