安全靴がなくちゃ仕事にならない!
2017年9月13日

安全靴が多様になり選択肢が増える

安全靴は様々な現場で用いられるようになっていて、その性能はつま先の耐衝撃性能が高いだけではありません。

水や油がある床を歩いた時でも滑りにくいラバーテックソールで、摩耗や熱に強くなっているのが一般的です。足の負担を軽減するため、クッション性に優れていたり、普段はいていてもおかしくないようなタイプもあります。

冷凍庫内で作業する人の安全靴には、マイナス40度程度の防寒性能が備わり、氷の上でも滑りにくくしてあるほか、つま先が冷えにくいように鋼製ではなく、樹脂製になっています。とび職や高所作業が多い人の安全靴は足首までをしっかり守れる構造であったり、作業する際かがむことも多いので、屈曲性に優れて屋根の上などを歩いても滑りにくいようになっていて便利です。

おしゃれでカラフルなものから、ベロア革素材で作られている製品があるなど種類が増え、機能美も追及されているため、スニーカータイプは様々なシーンで活用できます。

劣化が進んだ安全靴をそのまま使っていると、思わぬケガにつながってしまう可能性がありますから、ダメになる前に早めに交換することが大切です。つま先に入っている鉄板が錆びついて、履くと汚れが付くようであれば、見た目がまだ大丈夫でも新しいものに交換したほうが良いでしょう。

新しく安全靴を購入するときは、重さに注意しなければなりません。軽量のほうが履いていて疲れずに作業が続けられるので、長時間はく必要がある人ほど重さに気を付けて購入しましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *